マタハラの原因になりつつある妊婦マーク|卵子 質 上げる

マタハラの原因になりつつある妊婦マーク|卵子 質 上げる


マタハラの原因になりつつある妊婦マーク

今や、マタハラは男性のみならず、女性からも受けてしまう時代になっており大変不服です。

出産を経験している女性からすら受けてしまうというのですから、手に終えません。

その一例として「妊婦マーク」が挙げられます。

メディアでも時々取り上げられる「妊婦マーク」。

これは本来、お腹がまだ目立たない妊娠初期の女性が自分の身に何かあった際、赤ちゃんの存在を知らせる為の物です。

赤ちゃんに影響のある投薬・治療が行われるのを事前に防ぐ為です。

ですが昨今、この妊婦マークは「電車やバスで席を譲れマーク」と揶揄されています。

それは心ない非妊婦がどなたかから譲り受けた妊婦マークをこれ見よがしにつけて「席を譲れ」と迫ったり、また、妊婦自身も「妊婦なのだから席を譲れ」と譲られて当然、という方が増えた為だと思います。

そこから一般の方はそもそもの妊婦マークの意味を履き違えてしまうのです。

一例として妊婦マークを挙げましたが、マタハラのどんな項目にも共通して言えることがあります。

それは「正しい知識を身につける」ということ。

妊婦本人は当然の事、それ以外の方も、自身のことではない興味のない事を調べろとまでは言いませんが、「妊娠の大変さには個人差がある」ことは最低限知っておいていただきたいと思います。

そして、そういった知識もなく、聞きかじった情報だけで妊婦を不快にさせる位なら、何もせず、口を閉ざしておいて欲しいと思います。


当サイトの人気記事

 1番人気! 卵子の質を上げる方法 妊娠するコツについて  
妊活のための休業が話題になった鈴木おさむさんの奥さんの大島美幸さん(森三中)は人工授精で妊娠、ハリウッドスターのジュリア・ロバーツさんも不妊治療で双子を出産、トム・クルーズとの結婚・離婚でも知られるニコール・キッドマンさんは不妊治療の末、41歳で出産、タイタニックの主題歌で一躍知られるようになったセリーヌ・ディオンさんは保存しておいた凍結胚による体外受精で妊娠・出産した、天然キャラとして知られる西村知美さんは不妊治療をして流産した末に自然妊娠で出産

関連記事



TOP PAGE