体外受精で産み分けすることができる?|卵子 質 上げる

体外受精で産み分けすることができる?|卵子 質 上げる


体外受精で産み分けすることができます!

これは体外受精をする前に、着床前診断をすれば、ほぼ100%産み分けすることができるのです。

着床前診断というのはなにかというと、受精させた後子宮に戻す前に、染色体異常などを調べるものです。

染色体を調べることができるため、受精卵が男の子なのか女の子なのか、分かります。

それなら私も体外受精したい!って、思いませんでした?

実は、女の子が欲しい、次は男の子が欲しい、そういった理由では体外受精で産み分けすることができないのです。

着床前診断は、現在日本では、重篤な遺伝疾患があったり、習慣流産の患者さんしかできないことになっています。

そのため、ただ産み分けがしたい、という理由では着床前診断はできません。

また、着床前診断を行うには、日本産婦人科学会の許可を得なくてはいけないのです。

このように、着床前診断は厳しく規制されています。

ただ、アメリカやタイでは、お金を出せば、着床前診断で産み分けすることができます。

ただし、かなりの費用がかかり、アメリカだと約600万、タイだと約200万かかります。

また、着床前診断で100%産み分けできても、100%妊娠できるかというと、それは分かりません。

そのため、着床前診断で産み分けするのは、そう簡単にはできないのです。


当サイトの人気記事

 1番人気! 卵子の質を上げる方法 妊娠するコツについて  
妊活のための休業が話題になった鈴木おさむさんの奥さんの大島美幸さん(森三中)は人工授精で妊娠、ハリウッドスターのジュリア・ロバーツさんも不妊治療で双子を出産、トム・クルーズとの結婚・離婚でも知られるニコール・キッドマンさんは不妊治療の末、41歳で出産、タイタニックの主題歌で一躍知られるようになったセリーヌ・ディオンさんは保存しておいた凍結胚による体外受精で妊娠・出産した、天然キャラとして知られる西村知美さんは不妊治療をして流産した末に自然妊娠で出産

関連記事



TOP PAGE